幸せになる!スピリチュアルジャーニー

スピリチュアルな旅を始めて早7年・・・。様々な人との出会いがあり、たくさんの本を読んで、幸せになるコツがわかってきました。幸せになるコツ、今までの面白い出来事などを綴っていきたいと思います。
2017/07 .1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 オーラの泉・・・前田日明さん

昨日は「オーラの泉」の日でしたね。

いつ見ても、スピリチュアルな情報が満載で、面白いです。

ゲストは前田日明さん。格闘家の方でした。

私は格闘技は全然見ないので、知らなかったのですが、その世界では

有名な方らしいです。

「格闘家でありながら、実はものすごいインテリなのよ。」と美輪さん

が言っていましたが、ものすごい読書家で、スピリチュアルな知識も

豊富な方でした。

一番印象に残ったのは、刀を収集しているという話を聞いて、美輪さん

が「それはもうおやめになったほうがいいわ。手放した方がいい。

そういう物を持っていると、そういうものが寄ってくるのよ。」と

言っていたこと。

物もそうですが、気持ちもそうだと思うのです。

心に闇を持っていると、低級霊が憑きやすいと聞いたことがあります。

酒場には、そんな低級霊がたくさんいるらしいです。

実は昨日の記事に書いた親戚の方、その日の夜は居酒屋でかなりお酒を

飲んでいたらしいのです。

そして次の日、私が彼女の肩をさすりながら話しをして、その帰り道、

私はものすごい疲労感があったのです。

主人に「なんだかすごく疲れた~。」と訴えたのですが、彼女に憑いて

いた何かが、私に憑いてきたのかもしれません。

家に帰り、すぐにお風呂に塩を入れて入り、呼吸法で浄化しました。

その後、蝋燭を灯し、ゆったりとした気持ちになって落ち着いた後、

すぐに寝ると、次の日の朝には疲労感はすっかりなくなっていました。

浄化法の知識があって、良かったと思いました。


それから、江原さんと美輪さんが「これからは戦いの時代は終わり、和

(平和)に向かっていくこと。」と言っていましたね。

これは前田さんだけでなく、人類全体に言えることだと思いました。

これからは、世界が平和に向けて歩む時代ですよね。

今回の前田さんの話を聞いて、今は一人一人がカルマを精算している

時代なのだと改めて思いました。

一人一人が過去を手放して、心穏やかに平和な気持ちになることで、調

和に満ちた世界が生まれる・・・それがもしかしたら「アセンション」

と呼ばれていることなのかもしれませんね。




スポンサーサイト

 オーラの泉

水曜日のオーラの泉、見ましたか?

今回のゲストはオペラ歌手の中島啓江さんでした。

いろいろな事を学ばせてもらえた45分間でした。

中島さんは紫のすばらしいオーラで、「愛」に満ちあふれた方だそうで

す。

今は歌を通して、人々に元気や「愛」を与えているそうです。

そんな中島さんですが、小さい頃はとても貧乏で苦労したそうです。

でもお母さんがとても素晴らしい方で、中島さんが歌の道に進めるよう

一生懸命力になったそうです。

そのお母さんは9年前に他界したそうなのですが、いつも中島さんのそ

ばにいて、見守っていらっしゃるそうです。

お母さんとのエピソードの中で、一番心に残ったことは、中島さんが小

学生の時転校することになり、一人一人に文房具を渡した時のことで

す。

当時中島さんをいじめていたいやな子がいたそうなのですが、お母さん

が「一人一人みんなに、ありがとうって言いながらあげなさい。」と言

ったそうです。

中島さんは「いじわるをした人にありがとうって言うのはいやだ。」と

思ったそうなのですが、お母さんが「きっといいことがあるから、言っ

てごらん。」と言ったそうなのです。

中島さんは本当はいやだったのですが、その子のところにきたとき、目

を見て「ありがとう。」と言って渡したら、その子は目に涙をいっぱい

溜めて「ごめんね。」と言ったそうです。

それで、中島さんはその子とのことが許せる気持ちになったそうです。

すばらしいお母さんですね!

私達が今、スピリチュアルの本などでで学んでいることを、昔の人は自

然にわかっていたのでしょうね。

主人のおばあちゃんは、15年くらい前に他界しているのですが、よ

く「他人の子も自分の子も一緒だよ。こどもは大事にしなくちゃだめだ

よ。」と言っていたそうです。

それで義母も「本当にそうだよ。子供は宝だよ。」と言って、血の繋が

らない私の息子(義母にとっての孫)を本当にかわいがってくれていま

す。

私はいつも感謝の気持ちでいっぱいになります。

それからおばあちゃんは「自分が他人にしたことは、自分や子供に返っ

てくるんだよ。だから人にいじわるはしちゃいけないよ。人には親切に

したほうがいいんだよ。」と、よく言っていたそうです。

宇宙の法則を、よくわかっていたのですね。

昔の人がわかっていたことを、現代の人たちは忘れかけているみたいで

すね。

だから、そういう事を思い出す為に、今スピリチュアルなことが広まり

つつあるのかもしれませね。

中島さんのお母さんが他界されたときは、大変なショックだったそうで

す。

今でもお墓に行くと、涙で一杯になってしまうそうです。

でも、そんな中島さんを見て、お母さんは「そんなに悲しまないで欲し

い」と思っているそうです。

美輪さんが言っていたのですが、「あまりに悲しみが続くと、霊があの

世に行けなくなってしまうのよ。だから、私は大丈夫だから、どうぞ心

配しないで、あの世に行ってください、と思うことが大切。」なのだそ

うです。

愛する人がこの世からいなくなってしまうことは、本当に辛くて悲しい

ことだと思いますが、でもその存在がなくなってしまうわけではなく、

魂は永遠で、そばで見守ってくれていると思うと、少し気持ちが救われ

ますね。

中島さんも、そばにお母さんがいてくれていることがわかって、気持ち

が楽になったと言っていました。

最後にお母さんが好きだった「アメイジング・グレイス」を歌ってくれ

たのですが、この曲は先日他界した本田美奈子さんも好きな歌でした

ね。

私の中でこの曲がシンクロしています。

先日デパートで「天使のオルゴール」を見つけたのですが、曲が「アメ

イジング・グレース」でした。

失望に中にいた人を、神は見捨てずに救ってくれた・・・というような

内容の歌詞なのですが、この曲が広まっていくといいですね。

見えないけれど、そんな大きな存在がいるということを、誰もが気づい

てくれるといいなと思います。

オーラの泉は毎回楽しみにしているのですが、今回は特に良かったで

す。

涙涙の45分間でした。

江原啓之さんは、見えない世界があるということをわかりやすく教えて

くれていますよね。

私がスピリチュアルの世界に入った(?)7年前には、そんな話をする

と怪しまれたものですが、今は気楽に「前世が・・・」とか「守護霊

は・・・」とか話すことが出来るようになってきましたよね。

これから益々広まっていくのだと思います。

それが江原さんのお役目なのでしょうね。










 オーラが見えた!?

4月から7月まで、「精神対話士」(メンタルケア・スペシャリスト)の勉

強をしました。

「精神対話士」とは、心に悩みを持った人の話を聞いて、対話を通してその

人の心の中にあるものを引き出して、前向きに生きて行けるようお手伝いを

するというお仕事です。

基礎課程と実践課程の講義を受講したのですが、興味深い内容の講義がたく

さんあり、とても勉強になりました。

「死生論Ⅰ・Ⅱ」という講義があったのですが、Ⅰは上智大学の教授が

「死」というものを、スピリチュアルな観点から、わかりやすく教えてくだ

さいました。

「大学でも、こんなスピリチュアルなことを教えているんだ・・・」と感心

しました。

なかでも一番印象深かったのは、神戸アドベンチスト病院顧問・井上米子先

生の「ターミナルケア」の講義でした。

さまざまな実例と共に、先生がいかに末期患者と真剣に向き合い、親身にな

ってケアしてきたのかが伝わってきて、感激しました。

本当に天使のような方なのでしょうね。

先生の講義を聴いているときに、ちょっと不思議なことがありました。

講義を聴きながら先生を見ていると、先生の周りが白くぼや~っと光って見

えたのです。

その時は意味が分からずに、「なんで周りが白く見えるんだろう?」と思っ

ていました。

そして、昨日インターネットでオーラの記事を探していたときに、あるサイ

トに「医者、お坊さん、神主のオーラは白く光っている」という文章を発見

して、「これだったんだ!私にもオーラが見えたのね!」と思い、驚きまし

た。(遅いね、今頃・・・!)

多分、私が見たものは「オーラ」だったのだと思います。

オーラは見えた方がいいのか、見えない方がいいのかは分かりません

が・・。

井上米子先生の講義のテキストに載っていた詩をひとつ・・・。



  私が生まれたとき、皆喜び微笑んでいました。
       
     私だけが泣いていました。

  私が死んだとき、皆悲しみ泣いていました。

     私だけが幸せに微笑んでいました。


         米国ロスアンゼルス郊外のホスピスのパンフレットより






 | HOME | 

プロフィール


ORIKA

Author:ORIKA
ORIKAといいます。スピリチュアルなことを生活に取り入れて、日々を過ごしています。夫と息子の3人家族です。4年半の海外生活を終えて、2005年3月に帰国しました。「メンタルケア&タロット・易リーディング」を始めました。心に悩みを持った方のお役に立ちたいと、思っています。みんなが幸せになり、世界が平和になるといいな~といつも思っています。
HPアドレス http://orikaroom.com
メールアドレス dp08155236@mz.lolipop.jp
もう一つのブログ「ORIKAのメンタルケアブログ」
 http://flora.orikaroom.com


最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム


この人とブロともになる


ブログ内検索



RSSフィード



リンク


このブログをリンクに追加する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。