幸せになる!スピリチュアルジャーニー

スピリチュアルな旅を始めて早7年・・・。様々な人との出会いがあり、たくさんの本を読んで、幸せになるコツがわかってきました。幸せになるコツ、今までの面白い出来事などを綴っていきたいと思います。
2017/11 .1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.

 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 「ありがとう」

今日、新聞の読者の投稿で、とても素敵な記事を見つけました。

81歳の女性の投稿です。

抜粋して載せますね。


  大切にしたい「ありがとう」


「ありがとう」ってなんて温かい言葉なんでしょう。

私は十余年、夫の介護をしてきました。

その間、いつも夫は「毎日こんなにきれいにしてくれて、ありがと

う。」と言ってくれました。

私もついうれしくなって「こちらこそ、毎日元気でおじいちゃんの

そばにいられて世話ができるなんて、幸せ者よ。ありがとう。」と

答えてきました。

お互いにいたわりながら、一日一日を大事に生きてきました。

2月、夫は「ありがとう、ありがとう。後を頼むよ。」と言って、

安らかに息を引き取りました。

   ~   中略   ~

夫の口癖は「人に迷惑をかけるな」「人を裏切るな」「人のせいに

するな」「自分らしく、世のため、人のために生きろ」「当たり前の

ことでも感謝して、ありがとうを声に出して言おう」というものでし

た。

   ~   中略   ~

これからも家族仲良く、「ありがとう」を合言葉にしていきたいと思い

ます。

「おじいちゃん、本当にありがとう。」

人生これからです。



朝からこれを読んで、泣いてしまいました。

なんてすばらしいおばあちゃん、そして、天国に旅立って行ったすばら

しいおじいちゃん。

いたわり合う夫婦の姿って、本当にいいですね。

おじいちゃんは、この世の学びをきっとクリアして、旅だっていかれた

のでしょうね。

腱鞘炎のことがあって、この記事を読んで、さらに考えさせられまし

た。

そして、昨日江原啓之さんの「スピリチュアル・エッセンス・・・

あなたの人生を導く言霊集」を読んでいて、見つけた言葉です。

・・・霊的真理をどれほど理解しているかは、その人の「行動」を

見ればわかります。

行動のともなわない知識は、役に立たないただの知識にすぎません。

「大我の愛」を行動の中で実践できている人だけが、霊的真理を理解し

ている人です。

私達の日常そのものが、「大我の愛」の実践の場なのです。

自分の家族や友達を幸せにできずに、遠くの国の人を幸せにできるでし

ょうか。

身近な人間関係に平和がないのに、世界の平和が求められるでしょう

か。

世界平和、エコロジーなど、大きなテーマを言葉だけで語ることは簡単

です。

難しいのは、自分自身の未熟さを見つめることです。

地球全体が「大我の愛」に満たされることを、ただ夢見るのは簡単で

す。

難しいのは、まわりにいる人たちや、自分自身に純粋な「大我の愛」を

注ぐことです。

日常の中から一つずつ、「大我の愛」の行動を始めましょう。

一歩ずつ進んで行けば、「大我の愛」はどんどん豊かにふくらんでいき

ます。・・・・・・


この言葉は、私に対しての言葉だと思いました。

今までも、夫とは仲良くやってきたつもりですが、もっと夫のことを

いたわるやさしい気持ちを持つべきなのだと、思いました。

マメ夫なので、家事とかを手伝ってくれるのですが、自分のやり方と

違っているので、心の中で「余計なことしなくていいのに・・・。」

なんて思ったこともありました。

一応「ありがとう」とは言っても、心から感謝して言ってたのかな?

仕事して疲れて帰ってきて、さらに手伝ってくれていたのに、素直に

感謝するべきですよね。

反省・・・・・・・・。

これからは心から感謝して「ありがとう」と素直に言うようにします。

あ~、本当に未熟な私・・・。


「ありがとう」ってすてきな言葉ですよね。

これからもどんどん使っていきたいと思います。









スポンサーサイト

 モーツァルト&アベマリア

以前、どりーまーさんやアナナスさんが記事に書いていましたが、私も

最近モーツァルトに興味津々です。

もともとクラッシックは好きで、ショパンのピアノ曲とかチャイコフス

キーは聞いていたのですが、モーツァルトはあまり意識して聞いたこと

がありませんでした。

でも、最近モーツァルトの記事をよく目にするので、近くのCDショッ

プへ行って、探してきました!

「聴きたくてモーツァルト」(天上の音楽・・・と副題が付いていまし

たよ。)発売:東京ソフト株式会社 価格1000円。

アイネ・クライネ・ナハトムジークとか、フルートとハープのための

協奏曲など、どこかで耳にする曲がたくさん入っていました。

改めて聴いてみると、たしかにモーツァルトの曲は、とても心地よく、

精神的に穏やかな気持ちになるようです。

右脳の開発に良い・・・というのもわかるような気がします。

「天上の音楽」という副題も、ピッタリです。

天使もモーツァルトをお勧めしているらしいですね。

このアルバム、とても気に入って、今では毎日聴いています。

朝、お掃除しているときとか、夜、テレビを消して本を読みながら聴い

ています。

一日の始まりや、寝る前に聴くのは効果的かもしれませんね。

モーツァルト、お勧めします!

それともう一つ、お勧めがあります。

それはシューベルトの「アベマリア」です。

私がよくおじゃましているサイト「Sallyの宝石箱」のSallyさんが

以前「サラ・ブライトマン」の「アベマリア」を聴いているという記事

を読んで、早速アルバムを買って聴いてみました。

すばらしい歌声とあのメロディ・・・心が洗われるようでした。

私が持っている「ベストクラッシック100」の中にも他の人が歌う

「アベマリア」が入っているのですが、これもとてもいいのです。

ある日この2曲を続けて聞いていると、周りの空気が澄んできたような

感じがして、心にものすごく響いてきて、暖かい気持ちになり、自然に

涙が流れ落ちてきました。

聞き終わった後は、とてもすがすがしい気持ちになりました。

あれは、マリアエネルギーだったのでしょうか?

素敵な体験でした。



お気に入りに入っていますが、「Sallyの宝石箱」、とても素敵なサイト

ですよ。

天使などの美しいイラストが散りばめられていて、とても参考になるこ

とがたくさんの項目に分かれていて、そして、手作りのアクセサリーの

写真も素敵です。

Sallyさんの綺麗な心の中がそのまま表れているような、素敵なサイトで

す。

是非、一度訪れてみてください。




 横文字に弱い人

横文字に弱い人・・・それは主人の母です。

前回に引き続き、母の話をさせてください。

スピリチュアルとは関係ない話ですが。

母世代の方は、横文字に弱いですよね。

私の母も、面白い間違いをしてくれますが、(マニュアルのことをアニ

マル?とかマツキヨのことをヤスキヨとか・・・。)主人の母はそれに

輪をかけて、面白い間違いを言ってくれます。

例えば、私たちのアメリカの家に遊びに来てくれたとき、夕食を食べに

レストランへ出掛けようとすると、母が「プライド降ろさないの?プラ

イド!」・・・ブラインドのことでした。

そして「アメリカのビールは美味しいねえ。あのアドバイザーって。」

それはバドワイザー。

皇太子と雅子様のパレード(?)を見に行った時の話をしていて「雅子

様、きれいだったわよ~。それにあのテーラーが素敵だったの~。」

それはティアラ!

一番面白かったのは、みんなでテレビを観ていて、ニュースで原発とか

核のことが放送されていたときに母が「ほら、ロシアのほうであったじ

ゃない?あれなんて言ったかしら・・・ブリジストン?」

私が「チェルノブイリのこと?」母「あっ、そうそう!!」

って全然違うんですけど・・・・。

そんな感じでいつも笑わせてもらっています。

いつも母の言い間違いで笑いが起きて、その場が和むのです。

本当に、そんなおちゃめな母が大好きです。

明日から1泊で、富士山が見える温泉へ行ってきます!

久しぶりの温泉!

とても楽しみです。

リラックスしてきますね。







 見習いたい人

もう1月3日ですが・・・

あけましておめでとうございます!!

今年もよろしくお願いいたします!!!

今年も楽しくブログを続けて行きたいと思っております。

皆様、どうぞお付き合いくださいね。

今日は「見習いたい人」について書いてみたいと思います。

私の周りに見習いたい人はいろいろいますが、特にいつも感心するのは

主人の母なのです。

母は東京生まれで7歳で終戦を迎え、戦争の混乱の為、学校にもあまり

通えず、とても苦労してきた人です。

夫は身体の弱い人だったので、近所の工場で働きながら2人の子供を育

て、30代で未亡人となり、その後は定年まで病院で看護助手の仕事を

してきて、今やっと自分の人生を謳歌しているのです。

今まで苦労してきた分を取り返す様に、今では楽しい友達がたくさんい

て、山登りをしたり、安いツアーを見つけては温泉めぐりや旅行をした

り、本当に毎日楽しそうです。

そして母は苦労を微塵も感じさせないほど、明るくて冗談が上手で楽し

い人なので、まわりに人が集まってくるようです。

きっと波動の法則なのでしょう。

楽しい人には楽しい人たちが集まってきて、楽しい輪が出来るのでしょ

うね。

そして一番見習いたい所は、いつも感謝の言葉を口に出して言うところ

なのです。

感謝の気持ちを持つだけでも、もちろんいいことなのだと思いますが、

口に出して相手に伝えることによってこれが言霊となり、いい作用にな

るのだと思うのです。

母は私が主人と結婚したことに対して、もう5年半も経っているにも関

わらず、未だに感謝の言葉を言ってくれます。

未熟な嫁なのに・・・。

また、ちょっとしたことでも「ありがとうね。」と言葉に出してくれ

るのです。

そして、前にも書きましたが、私の子供を本当の孫のようにかわいがっ

てくれています。

再婚直後から私の息子のことを、親しみをこめて名前で呼んでくれ(呼

び捨て、君を付けないで)「孫が増えてうれしい」と言ってくれまし

た。

そして、誉め上手なんですよ。

ちょっとしたことを見つけて、誉めてくれるので、とてもうれしい気持

ちになるのです。

本当にいつも感心して、見習わなくては!と思います。

感謝の気持ちを言う、周りの人に親切に、そしていつも明るく前向き

に!

これは人にとって、本当に大切なことだと思います。

身近にいて自分の行動によって、教えてくれている母に、いつも感謝の

気持ちでいっぱいになります。

そんな母ですから、外見もとても若く笑顔が似合っていてかわいらしい

人なんですよ。

きっと免疫力もたくさんついていて、病気もせず長生きしてくれるので

はないかと思っています。

元旦にはご挨拶に行ったのですが、楽しい時間を過ごしてきました。

そうそう、お料理もとても上手なのですよ。

本当に美味しい煮物などを作ってくれます。

簡単なお料理でも、私が作るのとは全然味が違って、とても美味しい

のです。

年期が入っていることもあるのかもしれませんが、きっと愛情がこもっ

ているからなのでしょうね。

私も愛情こめて作っているつもりなんだけど~。

母のお料理を食べた時は、私も言葉に出して「美味しい!!お母さんの

お料理は本当に美味しいね。」と言っています。

「美味しい!!」と言葉に出すと、ますます美味しくなるような気がし

ませんか?

素直に「美味しい!!!」と言うことで母も喜んでくれて、「また今度

来たときには、もっと美味しいものを作ろう」と思ってくれるみたいで

す。

ずっと主人の母のことを記事にしたいと思っていたのですが、記念すべ

き今年第1号の記事に出来て、良かったです。

これからも、母とはいい関係で付き合っていきたいと思っています。















 音霊について

言霊はよく聞くけれど、音霊もあることを知っていましたか?

江原啓之さんの本に「音にも霊的なエネルギーがあります。家の中に音

楽を流せば、それがスピリチュアルなエネルギーとなって、家の「気」

を流してくれます」と書いてありました。

いい音楽を聞くと、心に響きますよね。

それも音霊なのだと思います。

私はクラッシックも好きでよく聞くのですが、綺麗な音楽を聴いている

と、本当にいい「気」が流れているような感じがします。

モーツアルトの曲は身体にいいとか、病気が治るとか、ダイエットに効

くなどと言われていますが、これも音霊なのでしょう。

その曲のいいエネルギーが、身体に反応するのだと思います。

私は家で一人でいるときは、なるべくテレビは消して、音楽を流してい

ます。

最近よく聞くのは、クリスマスソングを集めたアルバム。

この時期になると、引っ張り出してきて、聞いています。

これを聞くと、ウキウキワクワク楽しい気持ちになるのです。

そして「シルバーベル」という曲を聞くと、アメリカでのクリスマスを

思い出して、懐かしくなります。

しっとりした、いい曲なんですよ。

大きなクリスマスツリーとか、デパートのクリスマスプレゼントのラッ

ピング、大勢集まってのパーティーなど思い出してセンチメンタルな気

持ちになってしまいます。

音楽を聞いて昔のことを思い出すってことも、音霊なのかも。

昔ある人と付き合っていた時によく聞いていた曲が聞こえると、キュ~

ンと懐かしくなって、その彼のことを思い出すことってありますよね。

それも音霊なのかもしれませんね。

最近買って良かったのは、平井堅のベストアルバムです。

DVD付きのを買っちゃいました!

すごくいいですよ。

「大きな古時計」「瞳をとじて」「POP STAR」もいいのですが、私の中

のベストは「思いがかさなるその前に・・・」です。

この曲を聞くと、じ~んとしてなぜか涙が出てしまうのです。

詩もいのですが、やはり曲がいいのでしょうね。

これも音霊なのでしょう。

次回は音霊と水の関係のことを書きたいと思います。























 | HOME | 

プロフィール


ORIKA

Author:ORIKA
ORIKAといいます。スピリチュアルなことを生活に取り入れて、日々を過ごしています。夫と息子の3人家族です。4年半の海外生活を終えて、2005年3月に帰国しました。「メンタルケア&タロット・易リーディング」を始めました。心に悩みを持った方のお役に立ちたいと、思っています。みんなが幸せになり、世界が平和になるといいな~といつも思っています。
HPアドレス http://orikaroom.com
メールアドレス dp08155236@mz.lolipop.jp
もう一つのブログ「ORIKAのメンタルケアブログ」
 http://flora.orikaroom.com


最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム


この人とブロともになる


ブログ内検索



RSSフィード



リンク


このブログをリンクに追加する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。