幸せになる!スピリチュアルジャーニー

スピリチュアルな旅を始めて早7年・・・。様々な人との出会いがあり、たくさんの本を読んで、幸せになるコツがわかってきました。幸せになるコツ、今までの面白い出来事などを綴っていきたいと思います。
2006/01 .1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 気づき・・・Ⅰ

今日は仕事中、ちょっとした「気づき」がありました。

な~んだ、そんなこと・・・って思われるかもしれませんが。

秋から仕事を始めて、けっこう順調にやってきました。

私の仕事は、営業的なこともするのですが、今までは自分なりに失敗や

いやな事もなく、楽しく仕事をしてきたつもりです。

でも、今日はなぜが不調で、思うように仕事が進まず、だんだん気持ち

も沈んでいきました。

その後も不調は続き、不快な気持ちがピークに達したとき、ふっと思っ

たのです。

・・・もしかすると、同期のKさんも、仕事が不調の時はこんな気持ち

になっていたのかな?

隣の私が順調な仕事をしていたとき、私は全然Kさんの気持ちを考えて

いなかったかも・・・。

その時一つの「気づき」ありました。

「自分が不調の時に、はじめて他人の気持ちに気づく、そして、順調な

時がとてもありがたく思える」ということ。

人生も同じなのではないのでしょうか?

例えば、病気になって初めて、健康のありがたさがわかる、家族が自分

の為に一生懸命いろいろとしてくれて、家族のありがたさがわかる、な

ど。

また、人間関係でいやな思いをしたときに、「人間関係は合わせ鏡だか

ら、私にも、こんな面があるのかも?直さなくちゃ。」と思うことな

ど。

不調になったときこそ、学ぶチャンスなんですね。

自分がその時、どう考えて、どう行動していくかが、とても大事なこと

なのです。

そんなことを乗り越えて、だんだんと魂も向上していくのですね。

だから、人生にはいろいろなことが起こるのでしょう。

もちろん、前向きに考えていくことで、かなり順調な人生を歩むことが

出来る・・・ということも経験で学びました。

でも、どうしても、それだけでは避けられない人生の岐路とか一見不幸

に思える出来事とかもあります。

それは自分にとって必要なことなのでしょう。

魂を向上させること、これは今この時代を生きている私たちにはとても

重要なことなのだと思います。

私たちは、何度も何度も生まれ変わってきました。

その度に、いろいろな学びがあったと思います。

でも、今私達はいろいろなことに気づいて、もっと魂を向上させ、調和

や愛で、この世を変えていく必要があるのだと思います。


























スポンサーサイト

 テディエンジェル

私はアメリカに、約2年間住んでいました。

アメリカはキリスト教を信仰している人が多いせいか、天使グッズが

たくさん売っていました。

私がよく行っていた「マーシャルズ」というアウトレットのお店で

とてもかわいい「テディエンジェル」を見つけて買ったことをきっかけ

に、「テディエンジェル」のコレクションをするようになりました。

良かったら、見てください。


GEB.jpg




20060114175822.jpg



20060114175846.jpg



20060114180021.jpg


「テディエンジェル」コレクションの一部でした。

人間に似ている天使もかわいいけれど、クマの天使もかわいいですよ

ね。

見ていると、心が和んできます。

実は私の母も、私の影響か天使がとても好きなのです。

妹達もそれを知っているので、どこかへ旅行へ行ったりすると、母の

お土産に「天使グッズ」を買ってきたり、プレゼントに「天使のグッ

ズ」を選んだりしています。

日本でも、最近はけっこう天使グッズが売っているのですね。

母や妹達にも、「天使」が広まっていったこと、うれしく思っていま

す。

そういえば、妹と姪は「妖精」を見たことがあるそうです。

2人で同時に見たので間違いないと言っています。

小さくて、羽が生えていて、初めは虫かと思ったそうですが、「妖精」

だったそうですよ。

いいな~。私も「妖精」を見てみたいです。

妹や姪は心が純粋だから、見ることが出来たのでしょうか?

こんなことを書いていると、メルヘン家族みたいですね。

でも、しっかりと現実を生きている家族ですよ。

もしよかったら、皆さんの持っている天使たちも写真も、見せてくださ

いね。

どりーまーさんの「ガラスの天使」も、かわいかったですね~。






 イルカについて・・・天使のメッセージ

ちょうど今読んでいた本、「エンジェルメッセージ ドリーン・バーチ

ュー」の中に、イルカについての天使のメッセージが載っていました。

「・・・イルカの超自然的な部分というのは、まさにあなた方が心の中

に宿しているものです。

イルカが楽しそうにあげる鳴き声や水しぶき、そして優しさが、あなた

の生まれ故郷を思い出させるのです。

イルカが地球に住んでいる理由もそこにあります。イルカがもたされた

役割とは、あなたがたが生きている理由を再認識させることなのです。

あなたがイルカを好きになることには、きちんとした理由があります。

イルカとあなたがたは、世界を光で満たすという聖なる役割のうえで、

パートナー同士なのです。

イルカもまた、肉体を持った天使ということができるでしょう。

多くの人がイルカと触れ合うことによって、世界を包む光の量も増えて

いきます。

イルカの鳴き声は、あなたがたの魂の呼びかけです。

彼らは、触れ合いを通じてあなたがたの魂の本質をわからせようとして

います。

イルカを平和の象徴と思ってください。

彼らが楽しげに泳ぐ姿を、常に心に思い浮かべるようにしてくださ

い・・・」




 大好き!イルカ!

私はイルカが大好きです。

皆さんもご存知だと思いますが、イルカは特別な能力を持った、特別な

動物です。

自閉症の子供がイルカと接することにより、症状が良くなったり、特別

なヒーリング能力があるようです。

そして、イルカはとても遊ぶことが好きな、Happyな動物なのです。

アメリカに住んでいるときに、よく近くの水族館へイルカを見に行った

のですが、大きなイルカ用のプールが2つあって、1つはショーを行う

プール、もう1つはまだショーの練習中のイルカたちが泳いでいるプー

ルに別れていました。

ショーが始まり、お客さんたちがショーのイルカたちに注目していると

き、私は何気なくもう1つのプールを見てみると、1匹のイルカが一人

(1匹?)遊びをしているのです。

ボールを使って、自分の口でポーンを投げては、落ちたところへ行き、

またポーンと・・・。

楽しそうにくり返していました。

それを見た時、私は「なんてかわいいんだろう!イルカったら、一人

遊びを楽しんで・・・。でも、本当は広い海で泳ぎたいんだろうな

~。」と思いました。

そんな話をOさんにしてみると、彼女は「イルカは利口だから、ちゃんと

わかって、捕まっているのよ。」と言っていました。

そして、何かで読んだのですが、イルカとチャネルする人が、水族館の

イルカに「広い海に戻りたいでしょ?」と尋ねると、イルカは「僕たち

は人間を楽しませているんだから、いいんだよ。」とテレパシーで答え

たそうです。

また、アメリカの家から車で2時間くらいの所に、「ドルフィン・リサ

ーチ・センター」という施設がありました。

傷ついたイルカたちを保護したり、イルカの研究をする施設です。

海を囲ってプールにして、その中にイルカ達がいました。

私達が近づくと、1匹のイルカが身体を横にしながら、浅瀬まで来てく

れました。

そして、やさしい目で見つめてくれました。

その姿が、本当にかわいくて、やさしさに溢れていて、とても癒されま

した。

去年、ハリケーン・カトリーナが来たときに、軍用に飼育されていた

イルカたちが逃げてしまった、というニュースを聞きました。

このイルカたちは、身体にミサイルを付けて、体当たりをする訓練をさ

れていたそうです。

平和主義のイルカたちに、こんな訓練をさせるなんて、ひどいですよ

ね。

きっと逃げ出したイルカは「僕たちは、人を殺すために生きているんじ

ゃないよ。」と思い、逃げ出したのでしょう。

逃げて、大正解です。

今頃きっと広い海で、のびのび泳ぎ回っていることでしょう。










 ヒーリング

過去記事の「魔女と出会う」の中で、少しだけ「気」(ヒーリング)が

出来るようになったと書きましたが、最近以前よりも少し、ヒーリング

の力がアップしてきたみたいなのです。

ちょっと前のことなのですが、息子が部活の練習試合で(息子はラグビ

ー部で、激しくぶつかり合うスポーツなので、怪我が絶えないので

す・・・)右手を踏まれて、ものすごく腫れてしまったこと(友達にド

ラエモンの手とかクリームパンとか言われたほど)があったのですが、

夕方息子に内緒で後ろから10分くらいヒーリングをしていたら、夜に

は包帯がゆるゆるになっていたのです。

それからつい最近ですが、またまた息子が太ももを打って、かなり痛そ

うにしていたので、内緒でヒーリングして10分くらい経った時、息子

が「あれっ?なんだかストレッチした後みたいに楽になった。」と言っ

たのです。

これもつい最近なのですが、友達の彼の車で食事に行った時、彼の不注

意で友達が車のドアに指を挟んでしまったのです。

かなり痛そうでした。

その後友達の家に行った時に友達の許可を得て、ヒーリングをしてみま

した。

10分くらい経った時友達が「もう痛くないし、ちゃんと曲がる!」と

言って、喜んでくれました。

以前は20~30分かかっていたのですが、最近は10分くらいで効き

目が現れるようになりました。

なぜなのか、私にはわかりませんが以前よりも楽に出来るようになって

きました。

このヒーリングの力は誰にでも持っているものらしいのです。

やり方は、まずリラックスして深い呼吸をくり返します。

鼻から大きく吸って、口からおもいっきり吐き出すことをくり返しなが

ら、手を患部に当て(触らない、3センチくらい離して)しばらく続け

ます。

空気中にある、「気」を取り入れて治すらしいのです。

私は最近ちょっと離れた所からも、出来るようになりました。

息子の太ももの時は、「治れー!!」と強く念じながらやってみたので

すが、手のひらがびりびりしてきました。

「念じる」ことで、より効果があったのかもしれません。

(これはスピさんから教えてもらったコツです。スピさん、ありがと

う!)

ヒーリングの力は、もともと誰にでも備わっていたものだと思うの

です。

でも、現代の私達は、そんな能力があることをみんな知らないでいるの

ではないのでしょうか?

家族や友達がちょっと怪我をしたり、病気になったときに、ヒーリング

によって、痛みが緩和出来たら、とても便利ですよね。

皆さんも、家族や愛する人に是非やってみてくださいね。

何回かやっているうちに、きっとコツが掴めてくると思いますよ。















 チャクラクリアリング

今まで瞑想は苦手で、あまりやっていなかったのですが、先日買った

本がきっかけで、毎朝やっています。

「チャクラクリアリング 天使のやすらぎ ドリーン・バーチュー」

この本には瞑想のCDが付いていたので、毎朝出勤前にそれを聞きながら

15分間の瞑想をしています。

CDの声に誘導してもらいながら、8つのチャクラを浄化していくという

ものなのですが、瞑想後は気持ちがすっきりとしていい感じです。

瞑想中は深い呼吸をくり返すのですが、それが浄化にはとても良いこと

らしいです。

瞑想を始めてから、仕事がとても順調なのです。

私の仕事は電話でお客様と話したりするのですが、最近は嫌な感じのお

客様がいないのです。

お断りされる場合でも、とても感じよく断ってくれるので、嫌な感じが

残らないのです。

朝の仕事前にポジティブな気持ちになれるので、こちらの気持ちが相手

にも伝わるのかもしれませんね。

これだけでも、私にとって大きな収穫ですが、瞑想を続けることによっ

てチャクラが少しずつ浄化され、なにかが変わっていくのかもしれませ

ん。

不安や恐怖心が取り除かれることによって、いつも安心でポジティブで

いられることは、すばらしいことだと思います。

お気に入りに「ドリーン・バーチュー 公式日本語サイト」を入れまし

たので、興味のある方は覗いて見てくださいね。

とてもすてきなお話がたくさんありますよ。

天使って、すてきな存在!って思います。









 天使達の写真

「オルゴールの森」で撮った、天使たちの写真です。

20060114175322.jpg

20060114175652.jpg

20060114175538.jpg

20060114175440.jpg

20060114175357.jpg


 富士山が見える温泉

1月の6日、7日の一泊で、富士山が見える温泉へ行ってきました。

「お正月だから、富士山が見える温泉がいい。」と夫が言ったので

探してみると、河口湖にとても良さそうな温泉があり、そこに予約して

行ってきました。

お部屋の窓から、大きな富士山がくっきりと見えましたよ。

20060114175147.jpg


これはお部屋から見た、朝焼けに少し染まった富士山です。

富士山はエネルギースポットの一つらしいですね。

近くで見ると、とても神々しい感じがしました。

そして、富士山の周りには、とてもいい「気」がたくさんあるように

感じました。

快晴の日に青空を見ていると、白い小さな粒々がたくさん動いているの

が見えるのですが、これは光のエネルギーで「プラーナ」というそうで

す。

温泉へ泊まった2日の朝、快晴の中富士山を見ていると、いつもよりた

くさんの「プラーナ」が見えました。

きっと富士山の周りにはよい「気」がたくさんあり、「プラーナ」もた

くさん集まっているのかもしれませんね。


20060114174804.jpg



これは河口湖の「木の花美術館」で撮った富士山の写真です。

まぶしかったので、アングルがずれてしまったのですが、そのおかげで

きれいな光が入った写真が撮れました。

なんだか天使の光みたいでしょ。

1泊2日の温泉旅行、たっぷり満喫してリフレッシュしてきました!

やはり温泉はいいですね~。

日本人には温泉が必要です。

泊まった温泉旅館は「湖畔亭 うぶや」といってとても良い旅館でした

よ。

全室窓から富士山が見え、温泉でも富士山を眺めながら入ることが出

来ました。

お料理も美味しくて、スタッフもとても感じが良く、すべてに満足でき

ました。

あとで知ったのですが、とても人気が高い旅館で雑誌に載ったり、テレ

ビの取材も受けたりしている旅館だったのです。

それだけに、料金は少し高めでしたが、とても満足しました。

河口湖にはたくさんの美術館などがありました。

次回は「オルゴールの森」で撮った天使の写真を紹介しますね。


 横文字に弱い人

横文字に弱い人・・・それは主人の母です。

前回に引き続き、母の話をさせてください。

スピリチュアルとは関係ない話ですが。

母世代の方は、横文字に弱いですよね。

私の母も、面白い間違いをしてくれますが、(マニュアルのことをアニ

マル?とかマツキヨのことをヤスキヨとか・・・。)主人の母はそれに

輪をかけて、面白い間違いを言ってくれます。

例えば、私たちのアメリカの家に遊びに来てくれたとき、夕食を食べに

レストランへ出掛けようとすると、母が「プライド降ろさないの?プラ

イド!」・・・ブラインドのことでした。

そして「アメリカのビールは美味しいねえ。あのアドバイザーって。」

それはバドワイザー。

皇太子と雅子様のパレード(?)を見に行った時の話をしていて「雅子

様、きれいだったわよ~。それにあのテーラーが素敵だったの~。」

それはティアラ!

一番面白かったのは、みんなでテレビを観ていて、ニュースで原発とか

核のことが放送されていたときに母が「ほら、ロシアのほうであったじ

ゃない?あれなんて言ったかしら・・・ブリジストン?」

私が「チェルノブイリのこと?」母「あっ、そうそう!!」

って全然違うんですけど・・・・。

そんな感じでいつも笑わせてもらっています。

いつも母の言い間違いで笑いが起きて、その場が和むのです。

本当に、そんなおちゃめな母が大好きです。

明日から1泊で、富士山が見える温泉へ行ってきます!

久しぶりの温泉!

とても楽しみです。

リラックスしてきますね。







 見習いたい人

もう1月3日ですが・・・

あけましておめでとうございます!!

今年もよろしくお願いいたします!!!

今年も楽しくブログを続けて行きたいと思っております。

皆様、どうぞお付き合いくださいね。

今日は「見習いたい人」について書いてみたいと思います。

私の周りに見習いたい人はいろいろいますが、特にいつも感心するのは

主人の母なのです。

母は東京生まれで7歳で終戦を迎え、戦争の混乱の為、学校にもあまり

通えず、とても苦労してきた人です。

夫は身体の弱い人だったので、近所の工場で働きながら2人の子供を育

て、30代で未亡人となり、その後は定年まで病院で看護助手の仕事を

してきて、今やっと自分の人生を謳歌しているのです。

今まで苦労してきた分を取り返す様に、今では楽しい友達がたくさんい

て、山登りをしたり、安いツアーを見つけては温泉めぐりや旅行をした

り、本当に毎日楽しそうです。

そして母は苦労を微塵も感じさせないほど、明るくて冗談が上手で楽し

い人なので、まわりに人が集まってくるようです。

きっと波動の法則なのでしょう。

楽しい人には楽しい人たちが集まってきて、楽しい輪が出来るのでしょ

うね。

そして一番見習いたい所は、いつも感謝の言葉を口に出して言うところ

なのです。

感謝の気持ちを持つだけでも、もちろんいいことなのだと思いますが、

口に出して相手に伝えることによってこれが言霊となり、いい作用にな

るのだと思うのです。

母は私が主人と結婚したことに対して、もう5年半も経っているにも関

わらず、未だに感謝の言葉を言ってくれます。

未熟な嫁なのに・・・。

また、ちょっとしたことでも「ありがとうね。」と言葉に出してくれ

るのです。

そして、前にも書きましたが、私の子供を本当の孫のようにかわいがっ

てくれています。

再婚直後から私の息子のことを、親しみをこめて名前で呼んでくれ(呼

び捨て、君を付けないで)「孫が増えてうれしい」と言ってくれまし

た。

そして、誉め上手なんですよ。

ちょっとしたことを見つけて、誉めてくれるので、とてもうれしい気持

ちになるのです。

本当にいつも感心して、見習わなくては!と思います。

感謝の気持ちを言う、周りの人に親切に、そしていつも明るく前向き

に!

これは人にとって、本当に大切なことだと思います。

身近にいて自分の行動によって、教えてくれている母に、いつも感謝の

気持ちでいっぱいになります。

そんな母ですから、外見もとても若く笑顔が似合っていてかわいらしい

人なんですよ。

きっと免疫力もたくさんついていて、病気もせず長生きしてくれるので

はないかと思っています。

元旦にはご挨拶に行ったのですが、楽しい時間を過ごしてきました。

そうそう、お料理もとても上手なのですよ。

本当に美味しい煮物などを作ってくれます。

簡単なお料理でも、私が作るのとは全然味が違って、とても美味しい

のです。

年期が入っていることもあるのかもしれませんが、きっと愛情がこもっ

ているからなのでしょうね。

私も愛情こめて作っているつもりなんだけど~。

母のお料理を食べた時は、私も言葉に出して「美味しい!!お母さんの

お料理は本当に美味しいね。」と言っています。

「美味しい!!」と言葉に出すと、ますます美味しくなるような気がし

ませんか?

素直に「美味しい!!!」と言うことで母も喜んでくれて、「また今度

来たときには、もっと美味しいものを作ろう」と思ってくれるみたいで

す。

ずっと主人の母のことを記事にしたいと思っていたのですが、記念すべ

き今年第1号の記事に出来て、良かったです。

これからも、母とはいい関係で付き合っていきたいと思っています。















 | HOME | 

プロフィール


ORIKA

Author:ORIKA
ORIKAといいます。スピリチュアルなことを生活に取り入れて、日々を過ごしています。夫と息子の3人家族です。4年半の海外生活を終えて、2005年3月に帰国しました。「メンタルケア&タロット・易リーディング」を始めました。心に悩みを持った方のお役に立ちたいと、思っています。みんなが幸せになり、世界が平和になるといいな~といつも思っています。
HPアドレス http://orikaroom.com
メールアドレス dp08155236@mz.lolipop.jp
もう一つのブログ「ORIKAのメンタルケアブログ」
 http://flora.orikaroom.com


最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム


この人とブロともになる


ブログ内検索



RSSフィード



リンク


このブログをリンクに追加する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。