幸せになる!スピリチュアルジャーニー

スピリチュアルな旅を始めて早7年・・・。様々な人との出会いがあり、たくさんの本を読んで、幸せになるコツがわかってきました。幸せになるコツ、今までの面白い出来事などを綴っていきたいと思います。
2017/07 .1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 天使からのメッセージ・・・音楽編

前回ブログに載せましたパワーストーンですが、お申し込みがありまし

たので、締め切りとさせていただきます。

ありがとうございました!

これから私のホームページに載せていきたいと思っていますので、これ

からも宜しくお願いします。


さて、今日のお話は、天使からのメッセージ・・・音楽編です。

先日、久しぶりにユーミンのCDを聞きながら、中村天風氏の「ほん

とうの心の力」という本を読んでいました。

中村天風氏とは、日本版ジョセフ・マーフィーのような方で、独自の

実践哲学を広め、その「天風会」の会員には、松下幸之助、宇野千代な

ど著名な方が数多くいたそうです。

私が中村天風氏を知ったのは、離婚後にお付き合いしていた人が「イン

ド哲学」に興味を持っていて、私がたまたまジョセフ・マーフィーの話

をしたときに「いい本があるよ。」と貸してくれたのが「中村天風 成

功の実現」という本でした。

今では絶版となってしまったその本は、すばらしい内容でした。

中村天風氏の生い立ちから、独自の哲学を話し言葉でわかりやすく書い

てあり、感銘を受けた本でした。

先日たまたま書店で「中村天風 ほんとうの心の力」という本を見つけ

たので、買って、家で読んでいたときのことです。

ふと「彼は元気にしているかな?今思うと、人生の節目に中村天風の

ことを教えてくれて、私の生き方も少しは変わったのかもしれない。

あの時にお付き合いしていたことも、必然だったのかも?」

そう思うと同時に、彼に対する感謝の気持ちが湧いてきました。

するとユーミンの曲が、耳に入ってきました。

「♪昔の恋を懐かしく思うのは、今の自分が幸せだからこそ・・・♪」

これは、天使からのメッセージだったのでしょう。

本当にそうですよね。

今の自分は幸せです。全てに感謝しなくちゃね。

こんな感じで、天使は音楽からもメッセージをくれます。

以前も、車を運転中に竹内まりあの曲が耳に入ってきたのですが、

そのワンフレーズが、その時の私へのメッセージのように、心に響いた

ことがありました。

みなさんも、そんなことがありましたか?

音楽を聴いていて、天使からのメッセージがきたことがある方、是非

お話をシェアしてくださいね。








 パワーストーンアクセサリー

「ORIKAのメンタルケアブログ」には書きましたが、最近パワーストーン

のアクセサリーを作ることを楽しんでいます。

買ってきたパワーストーンは、必ずお香の煙を使って浄化してから作る

ようにしています。

作るときにはモーツァルトなどの心地よい音楽を流しながら、楽しい

気分で制作しています。

物には作った人の波動が伝わるそうなので、なるべく私自身良い波動

の状態で作るようにしているのですが、作っているときは頭も気持ちも

「無」の状態になっていることに気が付きました。

私はこの「無」の状態が気に入っています。

都会に住んでいると、人が多かったり、車等の音がうるさかったりし

て、「無」の状態になる機会が少ないと思うのですが、本当に集中して

いるときは、「無」の状態になるのですね。

私のアクセサリーは、天然石にワイヤーを巻き付けて作っています。

誰かに教わったのではなく、自己流です。

以前、何かで見て「作ってみたい」と思い、材料を買ってやり始めてみ

たら楽しくて、はまってしまいました。

お友達や知り合いにも好評で、フリマで売ってみたら、けっこう売れた

のでこれからホームページを作って、販売してみたいという夢が膨らん

できました。

まず、このホームページを見てくださっている方で、希望の方がいれ

ば、販売したいと思います。


20060929133738.jpg



ローズクオーツ・・・愛する人と巡り逢いたい、恋を結婚へと昇華させ

たいなど、恋の悩みに一押しです。また、失恋の傷を癒す作用もありま

す。女性ホルモンのバランスを整え、肌に張りと潤いをもたらすとも

言われています。


縦約2cmくらいの石です。皮の紐がついています。ハートのモチーフ

のデザインです。

希望価格・・・送料込み1800円

購入希望の方は、メールでお知らせ下さい。先着1名様。

Eメールアドレス dp08155236@mz.lolipop.jp



 オーラの泉・・・前田日明さん

昨日は「オーラの泉」の日でしたね。

いつ見ても、スピリチュアルな情報が満載で、面白いです。

ゲストは前田日明さん。格闘家の方でした。

私は格闘技は全然見ないので、知らなかったのですが、その世界では

有名な方らしいです。

「格闘家でありながら、実はものすごいインテリなのよ。」と美輪さん

が言っていましたが、ものすごい読書家で、スピリチュアルな知識も

豊富な方でした。

一番印象に残ったのは、刀を収集しているという話を聞いて、美輪さん

が「それはもうおやめになったほうがいいわ。手放した方がいい。

そういう物を持っていると、そういうものが寄ってくるのよ。」と

言っていたこと。

物もそうですが、気持ちもそうだと思うのです。

心に闇を持っていると、低級霊が憑きやすいと聞いたことがあります。

酒場には、そんな低級霊がたくさんいるらしいです。

実は昨日の記事に書いた親戚の方、その日の夜は居酒屋でかなりお酒を

飲んでいたらしいのです。

そして次の日、私が彼女の肩をさすりながら話しをして、その帰り道、

私はものすごい疲労感があったのです。

主人に「なんだかすごく疲れた~。」と訴えたのですが、彼女に憑いて

いた何かが、私に憑いてきたのかもしれません。

家に帰り、すぐにお風呂に塩を入れて入り、呼吸法で浄化しました。

その後、蝋燭を灯し、ゆったりとした気持ちになって落ち着いた後、

すぐに寝ると、次の日の朝には疲労感はすっかりなくなっていました。

浄化法の知識があって、良かったと思いました。


それから、江原さんと美輪さんが「これからは戦いの時代は終わり、和

(平和)に向かっていくこと。」と言っていましたね。

これは前田さんだけでなく、人類全体に言えることだと思いました。

これからは、世界が平和に向けて歩む時代ですよね。

今回の前田さんの話を聞いて、今は一人一人がカルマを精算している

時代なのだと改めて思いました。

一人一人が過去を手放して、心穏やかに平和な気持ちになることで、調

和に満ちた世界が生まれる・・・それがもしかしたら「アセンション」

と呼ばれていることなのかもしれませんね。





 私に出来ること

私のブログタイトル「幸せになる!スピリチュアルジャーニー」は、

訪れた方が楽しい気分になり、そして幸せになるヒントを伝えたいと考

えて付けたタイトルです。

いつもポジティブなことを書くと決めていましたが、今日は少し違う話

題について、書きたいと思います。


昔から、なぜか私に周りには「鬱病」などの精神的に不安定な方が多く

いました。

私自身も以前、精神科を受診したことがあり、そういった方の気持ちは

理解してきたつもりです。

最近、親しくしている2人の方が同時期に精神的にダウンしてしまいま

した。

一人は10年来の友達で、親友とも呼べる人。

「鬱病」で入院経験もあったのですが、ここ2年はすっかり良くなっ

て、前向きになり、スピリチュアルな話も一緒に出来るようになり、

「すっかり良くなって、本当に良かった。」と思っていました。

でも、8月に入ってから心を閉ざしてしまい、仕事には行っているもの

の、職場では誰とも話さず、私がメールしても返事をくれません。

私には何でも話してくれていたし、本当に仲良くしていたので、私も

ショックを受けています。

なにか私に出来ること、例えば話しを聞くこととか出来ると思うのです

が、今は一人でいたいようです。

きっと、今はそっとしておいて欲しいのでしょうね。

もう一人は、親戚の方でしばらくメールが来なかったのですが、先日い

きなり「さようなら」とメールが来たので、その方の娘に電話をすると

「お母さん、ベランダから飛び降りようとしたり、安定剤を沢山飲もう

として大変だった。」と・・・。

急いで家へ行くと、娘が「今、部屋へ入って寝たところ。」と言うので

起きるまで、居間で待っていました。

そしてしばらくして起きた気配がしたので、部屋へ行って話をしまし

た。

「メールを見て、驚いたよ。娘達もあなたを必要としているのだから、

もうそんなこと言わないで・・・。でも、辛かったのね・・・。」と

伝えましたが、「みんな帰って欲しい・・・。」と言われてしまい、結

局みんなで、家を後にしました。

彼女は3年前に夫を病気で亡くし、3人の子供が自立して出ていってし

まい、寂しかったのだと思います。



今回の2つのことで、自分の無力さを感じました。

結局、私は何も出来ない・・・。

落ち込みました。


でも、結局は、本人が自分自身で立ち直るしかないのですね。

もし、相談してくれたり、頼られたら、喜んで力になりたいけれど、

そうでなければ、どうしようもないのです。

二人が立ち直るのを見守りたいと思います。

唯一、私が出来ることは、祈ることだけかもしれません。

「二人がどうか、今の暗闇にいる状態から抜け出して、以前の明るい

笑顔を取り戻してくれますように。二人の心が、どうか癒やされます

ように。」






 ランチでのスピリチュアルな話題

今日はアメリカに住んでいた時の友人と4人でランチをしました。

久しぶりに会ったので、いろいろな話題に花が咲き、本当に楽しい

時間を過ごせました。

楽しい話題が多かったのですが、この年(?)になるとどうしても

病気の話題も出てきて、「最近、周りでうつの人が多いね。」とか

「あのAさんが、がんになったんだって。」などと話が進むうちに

なぜか私は春に「腱鞘炎」になったことを話始めました。

「科学的な話じゃないのだけど・・・」と切り出して、春に夫が腱鞘炎

になって、辛そうだったのに、なにも出来なくて「そのうちに治るでし

ょう」と思っていたこと、そしてその後自分も腱鞘炎になり、泣くほど

の痛みがあり病院に行ったこと、自分が夫と同じ病気になって初めて、

「夫の痛みをわかっていなかった。」と反省をしたこと、それからすぐ

に腱鞘炎が快復し病院の先生も驚いていたことを話しました。

みんな「不思議ね~。そんなことあるのね。でもなぜすぐに治ったの

かしらね?」と不思議がっていたので、つい「多分、夫の痛みを知る必

要があったからじゃないのかな?」と言いました。

そうすると、1人が「あっ、それってわかる!」と言ってくれて、それ

からスピリチュアルな話へと発展していきました。

江原さんの話や、言霊の話、オーラの話、想いは実現するということな

ど、みんなそういうことを理解していたので、話をしていて本当に楽し

かった。

「病気も一つのメッセージ」だと言うことも、わかってもらえたかな。

今、スピリチュアルはかなり広まっているということを実感しました。

江原さんの本が好きで殆ど読んでいる友達には、越智恵子さんの本を

お薦めしてきました。

越智恵子さんの本は、とても暖かい波動でスピリチュアルなことが

わかりやすく書いてあるので、是非読んで欲しいと思ったのです。

友達は「是非読んでみるわ。」と言ってくれました。

今思うと、今までその友人達とスピリチュアルな話をしたことがなかっ

たのに、つい私から話題にしてしまい、それから話が発展したというこ

とは、見えない存在(守護天使又は守護霊)が背中を押してくれたのか

もしれませんね。














«  | HOME |  »

プロフィール


ORIKA

Author:ORIKA
ORIKAといいます。スピリチュアルなことを生活に取り入れて、日々を過ごしています。夫と息子の3人家族です。4年半の海外生活を終えて、2005年3月に帰国しました。「メンタルケア&タロット・易リーディング」を始めました。心に悩みを持った方のお役に立ちたいと、思っています。みんなが幸せになり、世界が平和になるといいな~といつも思っています。
HPアドレス http://orikaroom.com
メールアドレス dp08155236@mz.lolipop.jp
もう一つのブログ「ORIKAのメンタルケアブログ」
 http://flora.orikaroom.com


最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム


この人とブロともになる


ブログ内検索



RSSフィード



リンク


このブログをリンクに追加する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。